松田 和貴

マツダ カズタカ/MATSUDA Kazutaka

所属/職名

埋蔵文化財センター保存修復科学研究室 研究員

関心

 遺跡などから発掘された木製遺物の水中保管環境における腐朽・劣化を抑制するための研究を進めています。さらに、まだ埋蔵状態にある木材をより長い期間「遺す」ための研究にも取り組んでいきたいと考えています。
 また最近では、従来手法の適用が難しい東南アジア地域の出土木材に対する保存処理技術の開発にも関心を寄せています。

研究分野

文化財科学・博物館学、保存科学

主要業績
2016年3月 出土木製遺物の水中保管時の劣化と溶存酸素量の関係 (その1) -屋外水槽の異なる水深で木材を保管した場合- 松田和貴, 脇谷草一郎, 髙妻洋成 日本木材学会大会研究発表要旨集 66th 140
2016年1月 水浸出土木製遺物の劣化を抑制する一時保管環境の検討 保存科学研究集会2015 発表要旨集 20-25
2015年7月 出土木製遺物の水中保管環境における溶存酸素を低減する方策の検討 松田和貴, 脇谷草一郎, 髙妻洋成 日本文化財科学会大会研究発表要旨集 32nd 90-91
2014年7月 出土木製遺物の屋外水中保管環境における溶存酸素の分布と挙動 松田和貴, 脇谷草一郎, 髙妻洋成 日本文化財科学会大会研究発表要旨集 31st 84-85
2013年3月 ベトナム産出土木材の保存処理に関する基礎的研究(その1) -ベトナム産木材の物理的性質と含浸処理実験- 松田和貴, 髙妻洋成, 杉山淳司, Le Xuan Phuong, Do Thi Ngoc Bich 日本木材学会大会研究発表要旨集 63rd 93
自己紹介写真
 
matsudakazutaka1.jpg matsudakazutaka2.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook