箱崎 和久

ハコザキ カズヒサ/HAKOZAKI Kazuhisa

所属/職名

都城発掘調査部 遺構研究室長

関心

 先史時代から近世まで幅広く関心をもっていますが、特に現在は古代・中世寺院を中心に、発掘遺構により建物の上部構造を分析したり、現存遺構や文献資料をもとに考察をおこなっています。また、韓国・中国などの東アジアの寺院建築の比較研究にも取り組んでいます。

研究分野

史学、考古学、日本考古学

主要業績
2008年 「慶州南山塔谷磨崖塔についての建築的研究」『日韓文化財論集Ⅰ』奈文研
2004年 「東大寺七重塔考」『東大寺創建前後  ザ・グレイドブッダ・シンポジウム論集第二号』
2004年 『重要文化財 長谷寺本堂調査報告書』(編著)奈文研
2003年 『吉備池廃寺発掘調査報告—百済大寺跡の調査—』(共著)奈文研
2001年 『埋もれた中近世の住まい』(共編著)同成社
自己紹介写真
NoImage.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook