景観研究室Cultural Landscape Section 宇治の文化的景観

宇治の文化的景観

 重要文化的景観「宇治の文化的景観」の中核を成す中宇治地区と白川地区において、現存する伝統的建造物や茶業の価値評価とその整備活用に関する計画の策定を中心に調査研究を進めています。
 本調査の成果は、宇治市主催のフォーラムや中間報告会で報告するとともに、『宇治市文化財総合把握調査報告書Ⅰ(宇治・白川地区)』としても刊行されています。

伝統的建造物調査

 1次調査として地区内に残る木造家屋や近代建築の残存状況を悉皆的に把握し、次に2次調査として個別の建造物についての詳細な調査を行いました。また中宇治地区と白川地区の都市構造や主要な生業である茶業についての分析も併せて行い、今後の保存、整備、活用についての計画提案を行っています。
 1次調査では、近世から昭和30年までの間につくられた伝統的建造物を中宇治地区では301件、白川地区では109件、確認することができました。この1次調査の結果を踏まえて抽出した31件の家屋を対象に2次調査を実施し、その歴史調査、実測調査、写真撮影を行い、配置図・平面図・断面図の作成と価値評価を行いました。2次調査の対象は、茶問屋や茶工場などの茶業関連家屋のほか、宇治の近代化の過程で登場した宇治川沿いの茅葺建物や鉄筋コンクリート造の百貨店などであり、宇治の重層性を特徴づける建物です。
 本調査の成果として、①伝統的建造物の残存状況を把握し、その建築類型と分布特性を捉えられたこと、②中宇治地区では古代に形成された街区形状と茶業とが結びついた敷地利用が具体的に明らかになったこと、③白川地区では金色院からの白川の歴史と建造物・敷地との関係を読み取ることができたこと、④建物の表構えや土間の在り方などの構造に、中宇治と白川それぞれの独自の敷地形状と茶業の影響を読み取ることができたこと、⑤以上を踏まえた整備・活用計画を策定したこと、があげられます。
 本調査の成果は、都市域における重要文化的景観選定第1号である宇治を対象に、文化的景観独自の視点で都市を整備・活用していくための調査及び計画の視点を全国ではじめて具体的に提示したものであり、今後選定される他の重要文化的景観のモデルケースとなることを期待しています。

画像をクリックすると拡大します

宇治茶やまもと(明治中期)
表屋の奥に製茶関連施設を配する敷地利用、小庇の深さや敷地最奥へと続く土間など、茶業により大きく特徴付けられる中宇治の家屋の典型例です。


丸五薬局(昭和7年)
正面に宇治の近代化を象徴する鉄筋コンクリート造の表屋、奥に木造の店舗を建てており、茶業関連家屋と同様の敷地利用が見られます。

茶業調査

 中宇治や白川で見られる茶園や茶工場といった茶業に関する景観は、平安時代の様相を留めながら重層的に形成された市街地部と一体として形成され、宇治の文化的景観の骨格のひとつを成しています。そのため、伝統的家屋調査からもわかるように、宇治の文化的景観を構成する要素は茶業の特質から生みだされているものが多くあります。
 そこで、宇治茶業に関する基礎的な特質を踏まえた上で、特に中宇治地区と白川区に特化し、文化的景観として茶業を読み解くための調査を実施しました。調査は茶農家へのヒアリングと共に、覆下園(日光を遮るために簾などで覆いをした茶園)での茶生産から茶工場での製造までの作業調査などをおこないました。
 その結果、覆下園での茶生産・製造をとりまく関係を見てみると、宇治の茶は茶園だけで成り立っているのではなく、水田やヨシ原、覆小屋(茶園を覆うための材料を収納する小屋)、茶工場といったように、他の要素や他の土地利用が相互に関係し合いながら機能的に結びつくことによって、結果として安定的で持続的な茶の生産・製造システムを獲得していることがわかりました。


本簀茶園でのワラフリ
本簀(ほんず)の茶園ではヨシズを広げた後、その上にワラを敷き詰めて日光を遮ります。茶農家はヨシズを編む作業もおこないます。


5月の茶摘み
覆下園では茶摘みさんたちが手摘みで茶の芽を収穫します。収穫後、ワラは畝の間に落とされ、天然のマルチング材になります。

『宇治の文化的景観』全覧図

景観研究室では、宇治での調査研究から把握した価値を基に、宇治の文化的景観全体を視覚的にとらえるイラストを「『宇治の文化的景観』全覧図」として作成しました。都市における文化的景観を理解するための一つの方法として試みたものです。


成果

■宇治市(2011)『宇治市文化財総合把握調査報告書Ⅰ(宇治・白川地区)』
第2章 宇治・白川地区の伝統的家屋
 第1節 中宇治地区の伝統的家屋
 第2節 白川地区の伝統的家屋
 第3節 宇治の茶生産関連建造物
 第4節 伝統的家屋個別解説
第6章 附論
 第1節 伝統的家屋調査からみた宇治の文化的景観の特質
 第2節 茶生産・製造の有機的関係



奈良文化財研究所(2010)『奈良文化財研究所紀要2010』「伝統的家屋からみた宇治の文化的景観」

■奈良文化財研究所(2010)『奈良文化財研究所紀要2011』「宇治の文化的景観における茶業と家屋」


文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook