特別展・企画展SPECIAL EXHIBITION

平城宮跡資料館 令和3年度 夏期企画展 「奈良を測る -森蘊の庭園研究と作庭-」

SE20210429_2.jpg
    森蘊(橋本聖圓氏撮影)

【開催趣旨】

 森蘊(もり・おさむ)は、国立奈良文化財研究所の初代建造物研究室長を務めた庭園史家・作庭家です。地形実測に基づいてかつての空間を復原的に考察するという、歴史地理学的手法を庭園研究に援用し、その研究の進展に大きく貢献しました。また、長い年月のうちに遺跡と化した庭園の発掘調査から復元整備までを手掛け、文化財庭園の保存修理・整備の方法論の礎を築きました。さらに、これらの調査研究の経験に基づく発想による作庭活動もおこない、奈良をはじめ各地にその作例が残ります。
 奈良文化財研究所では、森が奈文研に在籍した当時の図面等の研究資料を所蔵しています。これらのうち、奈良所在の遺跡・庭園に関する資料を中心に展示をおこない、森蘊の庭園研究と作庭に関する業績を紹介いたします。

チラシのご案内(4.3 MB)



【会  期】

令和3年8月7日(土)~9月12日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
月曜休館(休日の場合は翌平日休館)、入館料無料

【会 場】

平城宮跡資料館企画展示室

【主 催】

独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所

【共 催】

京都産業大学

【協 力】

東大寺、名勝旧大乗院庭園管理協議会、(公財)日本ナショナルトラスト、円成寺、唐招提寺、東大寺龍蔵院、法華寺

【後 援】

文化庁、国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所、奈良県、奈良市教育委員会、平城宮跡管理センター、
平城京 再生プロジェクト、近畿日本鉄道株式会社、奈良交通株式会社

【展示構成/主な展示資料】

序.森蘊とその業績

Ⅰ.現地調査と地形測量
 東大寺旧境内の地形測量  /東大寺旧境内地形実測図

Ⅱ.庭園の調査と整備
 Ⅱ-1)旧大乗院庭園     /旧大乗院庭園実測図・建物配置復原図
 Ⅱ-2)円成寺庭園      /円成寺地形実測図・整備竣工図

Ⅲ.作庭
 Ⅲ-1)唐招提寺蔵松院庭園 /唐招提寺本坊・客殿庭園設計図
 Ⅲ-2)東大寺龍蔵院庭園  /龍蔵院庭園設計図
 Ⅲ-3)法華寺仔犬の庭   /法華寺 仔犬の庭設計図

Ⅳ.ミニシアター       /「昭和の作庭記」(製作:マレス・エマニュエル)
                「橋本聖圓氏、インタビュー」(製作:奈文研)

Ⅴ.測量機材展示      /平板測量機材一式(森蘊使用品)

【関連企画】

 本企画展示は、下記、企画展との相互共催にて実施いたします。

「京都産業大学ギャラリー第22回企画展 京都の庭を守った人たち-森蘊と法金剛院―」※終了いたしました

会期:2021年6月1日(火)~7月17日(土) 
 月曜日 13時~16時30分 火~土曜日 10時~16時30分(入館受付は16時まで)
 ※日曜・祝日は休館   ※入場無料
場所:京都産業大学ギャラリー(京都市下京区中堂寺命婦町1-10京都産業大学むすびわざ館2階)

【お問合せ】

奈良文化財研究所連携推進課
TEL:0742-30-6753
FAX:0742-30-6750

ページトップ