平城宮跡解説ボランティアVolunteer Commentary

平城宮跡を解説ボランティアがご案内します(事前予約制・無料)

ボランティアガイド広報チラシ (802KB)
定点ガイド

奈良文化財研究所平城宮跡資料館を中心に遺構展示館、東院庭園、朱雀門のほか、第一次大極殿の計5ポイントで案内解説をおこなっています。
ご来場される当日に各定点で、「奈良文化財研究所解説ボランティア証」携行の者に「ガイド希望する」とお声かけ下さい。ただし、配置数に限りが有りますのでガイド中の場合は、お待ち頂く事があります。

ツアーガイド

奈良文化財研究所平城宮跡資料館を拠点に、平城宮跡をツア-形式でご案内します。
事前に下記の申し込み手続きをお願いします。申込書内容をお電話、又はFAX等でご連絡頂いても結構です。
案内資料 (802KB)
散策マップ(裏面スタンプラリー台紙) (754KB)をご利用ください。

お願い

●お一人様でも歓迎
●ボランティアガイドの活動は、月曜日(休館日)を除く毎日の概ね9:00~16:30(12:00~13:00休憩)です。
●但し、ボランティア配置数に限りが有ります。必ず事前にお問い合わせ願います。

申し込み方法

解説ボランティアについて

概要

平城宮跡を訪れる来訪者等に平城宮跡資料館、遺構展示館、復原建物等の案内・解説をおこなう「平城宮跡解説ボランティア」事業を1999年10月から開始しました。

2011年1月1日現在186名(Ⅰ期生40名、Ⅱ期生17名、Ⅲ期生33名 、Ⅳ期生23名、Ⅴ期生73名)の解説ボランティアが登録、1日約10名が休館日を除く毎日、平城宮跡資料館、遺構展示館、東院庭園、朱雀門、 第一次大極殿の公開施設を拠点に活動しています。

2009 年度は、延べ8万有余名を解説、各人概ね月2~3日の活動状況です。 
この解説ボランティア事業は、文化庁の「文化ボランティア通信」をはじめマスコミ、奈良県、奈良市のHP、観光情報誌等にも何度も採り上げられ、来訪者からお礼の手紙が寄せられています。また、平城宮跡での熟達した高度な文化解説は、好評を得ており、ボランティアの熱心な学習意欲と熱意により、「ボランティアだより」などを作成しています。

研究所としては、解説ボランティア活動を積極的に支援するため研修会、学習会及び、遺跡見学会を実施、解説資料や刊行物の提供をしています

活動内容

平城宮跡内(平城宮跡資料館、遺構展示館、朱雀門・東院庭園、 第一次大極殿等の復原建物)の案内及び解説を行います。
[解説ボランティアは活動実施要項に基づき活動を行います。]
※現在は、ボランティア募集をおこなっていません。 募集時は、HPでお知らせします。

活動日

平城宮跡資料館 ・遺構展示館・朱雀門・東院庭園(以下「資料館等」という。)の休館日(月曜日及び年末年始、ただし月曜日が祝日の場合はその翌日)を除く日。
[月2回以上の活動を行う。]

活動時間

資料館等の開館時間(9:00~16:30)

要綱と規則

ボランティア受入実施要綱 (12KB)

ボランティア活動実施要綱 (12KB)

ボランティア控室使用規則 (13KB)  

外部リンク

平城宮跡サポートネットワーク


文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook