秋期特別展「キトラ古墳と天の科学」を開催します

奈良文化財研究所飛鳥資料館開館40周年記念

平成27年度 秋期特別展「キトラ古墳と天の科学」を開催します。

 

 

日時:平成27年10月9日(金)~11月29日(日)  
※会期中無休 ※※文化の日(11/3)は入館無料

    
場所:飛鳥資料館 第1展示室
時間:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
主催:文化庁,独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

共催:朝日新聞社

特別協力:NHK

後援:独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所,国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所,奈良県,奈良県教育委員会,明日香村,近畿日本鉄道株式会社

料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)

    高校生及び18歳未満、65歳以上は無料

    (年齢のわかるものが必要です)
    ※( )は20名以上の団体

 

 キトラ古墳天文図にかかわる最新の研究成果と古代の星図などの関連資料を中心に、古代の天文学、暦学、水時計といった、飛鳥時代の天の科学について迫ります。
 ※キトラ古墳壁画の実物は展示しません。

 

●おもな展示品

・キトラ古墳壁画複製陶板(天井)
・南宋淳祐天文図拓本
・天象列次分野之図拓本
・具注暦木簡(複製,期間限定で実物を展示)
 など
 
●講演会

「キトラ古墳と天の科学」

平成27年10月31日(土)

時間:午後1時 開演

会場:明日香村中央公民館(明日香村川原91-1)

※事前申し込み不要 

※会場へは公共交通機関をご利用ください

 

●ギャラリートーク

研究員が展示を分かりやすく解説します。

・10月16日(金)午前10時~・午後3時~

・11月15日(日)午前10時~・午後3時~

 

●イベント

古代人が見た星宙~キトラ古墳に学ぶ天文学のすすめ

平成27年10月18日(日)

時間:午後5時~7時 (受付時間 午後4時30分~)

会場:中之島フェスティバルタワー12Fアサコムホール

※事前申し込み必要

詳しくはこちら

 

 

netpos.jpg

 

チラシはこちら
 

kitoratenmonzu.jpg
キトラ古墳壁画 天井 (展示は複製)

●同時開催 国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第14回)
※事前申し込み制。応募等の詳細は文化庁HPで公開中ですので、そちらをご覧ください。

(一次応募は9月7日で締め切りました。)


文化庁HP:http://www.bunka.go.jp/
期間:平成27年10月31日(土)~11月8日(日)
場所:国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設(国営飛鳥歴史公園内)
主催:文化庁、奈良文化財研究所ほか

 

▲ページトップへ