お知らせ

キトラ・プラネタリウム 本日より開催!【10月24日(土)~11月3日(火・祝)】

中国の天文学の世界をのぞいてみませんか?

kitora_purane5.jpg


第17回 キトラ古墳壁画の公開(西壁「白虎」、天井「天文図」)にあわせて、プラネタリウムのイベントを本日から開催します。
キトラ古墳の天井に描かれた「天文図」は、本格的な中国式星図として現存する世界最古の例とされています。また、天文学史上きわめて重要な文化財であると評価され、この度、日本天文遺産に新たに認定されました。

今回のプラネタリウムでは、中国の星座を西洋の星座と対比させながら、キトラ古墳の天文図についてわかりやすく解説します。

奥行きのあるリアルな星空の中で、心が満たされる特別な時間をお過ごしください。


●キトラ・プラネタリウムの開催概要
【開催期間】
 令和2年10月24日(土)~11月3日(火・祝)

【上映時間】
 9:45~16:30で繰り返し上映
 ※1回約15分
 *各回定員は10名程度(先着順)

【上映番組】
 「キトラ古墳壁画天文図と中国の星座」
 ※平成30年度に放映した番組と同様です。

【入場料】
 無料

【場所】
 キトラ古墳壁画体験館四神の館 地下1階 シアター

【主催】
 文化庁・奈良文化財研究所・国営飛鳥歴史公園

※新型コロナウイルス感染症対策については壁画公開に準じます。
 マスクの着用、検温、手指の消毒等の感染症対策へのご理解とご協力をお願いいたします。
 当日、発熱・せき等の症状がある方は、四神の館への入館をお断りすることがございます。
 詳しい内容については、壁画公開事務局ホームページをご覧ください。

※四神の館・公園の新型コロナウイルス感染症予防に関する注意事項については、
 国営飛鳥歴史公園のホームページもご確認ください。

 
 

キトラ・プラネタリウム 今秋も開催!【10月24日(土)~11月3日(火・祝)】

毎回ご好評をいただいているプラネタリウムのイベントを、第17回 キトラ古墳壁画の公開(西壁「白虎」、天井「天文図」)にあわせ、11日間限定で開催します。

キトラ古墳の天井に描かれた「天文図」は、本格的な中国式星図として現存する世界最古の例とされています。また、天文学史上きわめて重要な文化財であると評価され、この度、日本天文遺産に新たに認定されました。
プラネタリウムでは、中国の星座を西洋の星座と対比させながら、キトラ古墳の天文図についてわかりやすく解説します。

壁画の見学とあわせて、キトラ・プラネタリウムもお楽しみください!


●キトラ・プラネタリウムの開催概要
【開催期間】
 令和2年10月24日(土)~11月3日(火・祝)

【上映時間】
 9:45~16:30で繰り返し上映
 ※1回約15分
 *各回定員は10名程度(先着順)

【上映番組】
 「キトラ古墳壁画天文図と中国の星座」
 ※平成30年度に放映した番組と同様です。

【入場料】
 無料

【場所】
 キトラ古墳壁画体験館四神の館 地下1階 シアター

【主催】
 文化庁・奈良文化財研究所・国営飛鳥歴史公園

※新型コロナウイルス感染症対策については壁画公開に準じます。
 マスクの着用、検温、手指の消毒等の感染症対策へのご理解とご協力をお願いいたします。
 当日、発熱・せき等の症状がある方は、四神の館への入館をお断りすることがございます。
 詳しい内容については、壁画公開事務局ホームページをご覧ください。
※四神の館・公園の新型コロナウイルス感染症予防に関する注意事項については、
 国営飛鳥歴史公園のホームページもご確認ください。

17purane_pos.jpg

 
 

キトラ古墳壁画の公開(第17回)が始まりました!

本日より約1ヶ月間、西壁「白虎」、天井「天文図」の2面を公開します。

この機会に、ぜひ当施設へお立ち寄りください!


事前予約がおすすめですが、定員に空きがある場合には、当日受付も行います。

事前申込の予約状況や応募の詳細に関しては事務局ホームページをご確認ください。



なお、新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用のうえご来館ください。

また、受付での検温・消毒等のご理解とご協力をお願いいたします。

当日、発熱・せき等の症状がある方は入館をお断りすることがございます。

壁画公開の新型コロナウイルス感染症対策に関する詳しい内容は、

事務局ホームページをご確認のうえ、ご来館ください。


また、四神の館 地階展示室では、キトラ古墳について詳しく紹介されています。

(申込み不要、無料)

地階展示室で理解を深めた後、壁画を鑑賞いただくのがお勧めです。

地階展示室の情報は こちら

●『キトラ古墳壁画の公開(第17回)』の概要

【公開期間】

令和2年10月17日(土)~11月15日(日)  

※閉室日11月4日(水)、11日(水)

【展示品】
西壁「白虎」
天井「天文図」

金箔片
土師器小皿
出土品の複製品

【場所】

キトラ古墳壁画体験館 四神の館1階

【見学料金】

無料

【定員】

各日250名程度

【申込】

『キトラ古墳壁画の公開(第17回)』事務局ホームページ 

白虎2020.jpg   天文図2020.jpg

 
 

台風14号の接近に伴うお知らせ

台風14号の接近に伴い、気象警報が発令された場合には、安全面を考慮し、四神の館 1階展示室(文化庁キトラ古墳壁画保存管理施設)は、臨時閉室とすることがあります。

あらかじめご了承ください。

 
 

1階展示室 閉室のお知らせ【10月14日(水)~16日(金)】

下記の期間、キトラ古墳壁画体験館 四神の館 1階展示室を閉室いたします。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどお願い申し上げます。

【閉室期間】

令和2年10月14日(水)~16日(金)


なお、地階展示室は通常通り開室いたします。
地階展示室の情報は こちら

 
 

キトラ古墳壁画の公開(第17回) 第二次応募(追加募集)のお知らせ

キトラ古墳壁画の公開(第17回)の第二次募集(追加募集)についてお知らせします。

今回は、西壁「白虎」、天井「天文図」を公開いたします。

ぜひ、この機会にご応募ください。

●第二次応募(追加募集)について

【受付期間】

令和2年9月30日(水)10時から11月14日17時まで

※公開期間中を除く土日・祝日は、事務局を閉局します。

【応募方法】

事務局ホームページにアクセス、または事務局(TEL: 06-6281-3060)へお問い合わせください。

定員に達していない日時が応募対象となります。


【当日受付について】

予約に空きがある場合に限り、現地にて当日受付も行いますが、事前予約でのご来場をおすすめします。


●『キトラ古墳壁画の公開(第17回)』の概要

【公開期間】

令和2年10月17日(土)~11月15日(日)  

※閉室日11月4日(水)、11日(水)

【公開壁画】
西壁「白虎」
天井「天文図」

【見学料金】

無料

【定員】

各日250名程度

※新型コロナウイルス感染症予防のため、マスク着用のうえご来館ください。

また、受付での検温・消毒等のご理解とご協力をお願いいたします。

当日、発熱・せき等の症状がある方は入館をお断りすることがございます。

詳しい内容については、事務局ホームページをご覧ください。


四神の館・公園の新型コロナウイルス感染症予防に関する注意事項については、

国営飛鳥歴史公園のホームページをご確認ください。

白虎2020.jpg   天文図2020.jpg

 
 

キトラ古墳壁画の公開(第17回) 第一次応募を締め切りました

第一次応募は9月20日(日)に締め切りました。

定員に達していない日時について、

第二次応募を9月30日(水)10時から受け付けます。

公開・応募の詳細については事務局ホームページをご確認ください。

 
 

キトラ古墳壁画の公開(第17回) 第一次応募の受付が始まりました

キトラ古墳壁画の公開(第17回)【令和2年10月17日(土)~11月15日(日)】について、

第一次応募の受付を開始しました。

今回は、西壁「白虎」、天井「天文図」の2面を公開いたします。

ぜひ、この機会にご応募ください。


●第一次応募について
【受付期間】

令和2年9月15日(火)~9月20日(日)


【応募方法】

インターネット 又は はがき


詳細は事務局ホームページをご確認ください。

なお、第一次応募で定員に満たない場合は、第二次応募の受付を行います。


●『キトラ古墳壁画の公開(第17回)』の概要

【公開期間】

令和2年10月17日(土)~11月15日(日) 

※閉室日11月4日(水)、11日(水)


【公開壁画】

西壁「白虎」

天井「天文図」


【見学料金】

無料


【定員】

各日250名程度



※新型コロナウイルス感染症予防のため、マスク着用のうえご来館ください。

また、受付での検温・消毒等のご理解とご協力をお願いいたします。

当日、発熱・せき等の症状がある方は入館をお断りすることがございます。

詳しい内容については、事務局ホームページをご覧ください。


四神の館・公園の新型コロナウイルス感染症予防に関する注意事項については、

国営飛鳥歴史公園のホームページをご確認ください。


白虎2020.jpg   天文図2020.jpg

 
 

「キトラ古墳天井壁画」が日本天文遺産に認定されました!

キトラ古墳の天井には、天文図と日像・月像が描かれています。

この天井の壁画が令和2年3月17日に、『日本天文遺産』に認定されました。

「日本天文遺産」とは、日本天文学会が日本の天文学や暦学にとって

歴史的意義のある史跡・建造物、物品、文献を認定する制度で、

これまで「明月記」、「会津日新館天文台跡」の2件が認定されています。

キトラ古墳の天井に描かれた天文図は、古代における天文学の水準のみならず

アジア大陸から日本への科学知識や文化の流入を証明するものであり、

科学的な分析に耐えうる本格的な星図としては現存する最古のものです。

こうした点が天文学上きわめて重要な資料として評価され、認定されました。



天文図.jpg

 
 

1階展示室 閉室のお知らせ【8月17日(月)~19日(水)】

下記の期間、キトラ古墳壁画体験館 四神の館1階展示室を閉室いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどお願い申し上げます。

【閉室期間】
令和2年8月17日(月)~19日(水)


なお、地階展示室は通常通り開室いたします。

 
 

他の言語を選ぶ