渡辺 晃宏

ワタナベ アキヒロ/WATANABE Akihiro

所属/職名

副所長/都城発掘調査部 副部長(兼務)

関心

 日本古代の財政史が本来の研究テーマでしたが、その過程でその基礎史料である正倉院文書に傾倒し、造東大寺司の写経所の活動にも関心をもって勉強してきました。また、仕事柄、平城宮・京を中心とする都城研究や、そこから見つかる木簡をはじめとする出土文字資料とのつきあいも長くなりました。平城一筋29年目を迎えます。

研究分野

史学、日本史、日本古代史

主要業績
2017年 「いわゆる因幡国戸籍の成立と展開」『正倉院紀要』39
2014年 「平城京と貴族の生活」『岩波講座日本歴史3 古代3』
2010年 「平城京1300年『全検証』」柏書房
2006年 「平城宮中枢部の構造−その変遷と史的位置」『古代中世の政治と権力』吉川弘文館
2001年 『平城京と木簡の世紀』講談社
1992年 「籍帳制の構造−手実・歴名の検討から」『日本歴史』525
1989年 「平安時代の不動穀」『史学雑誌』98-12
自己紹介写真
NoImage.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook