森先 一貴

モリサキ カズキ/MORISAKI Kazuki

所属/職名

都城発掘調査部 考古第三研究室 主任研究員

関心

 旧石器時代から縄文時代にかけての人間―環境史を研究しています。特に、日本列島への人類の到達から縄文時代の始まりを専門としています。また、これらの研究を通じて、人間行動に見られる一般的性質を考察し、現代社会の諸課題に考古学的視点から提言を行うことを目指しています。

研究分野

考古学

主要業績
2020年 考古学教育と埋蔵文化財保護行政における人材確保の在り方について. 考古学研究 66(4) 1 - 6
2019年 Sedentism, pottery and inland fishing in Late Glacial Japan: a reassessment of the Maedakochi site. Antiquity 93 1442 - 1459
2019年 Early Upper Paleolithic blade technology in the Japanese Archipelago. Archaeological Research in Asia (17) 79 - 97
2019年 『境界の日本史』朝日新聞出版(共著)
2018年 Lithic Technological Organization and Paleoenvironmental Change. Springer. (共著)
自己紹介写真
morisakikazuki.jpg
Researchmap
researchmap220.gif

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

YouTube

奈文研facebook

飛鳥資料館facebook

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730