廣瀬 智子

ヒロセ サトコ/HIROSE Satoko

所属/職名

企画調整部展示企画室 アソシエイトフェロー

関心

 古墳時代中期から後期にかけての転換期に、手工業生産がどう対応しているかという関心から、窖窯焼成埴輪を対象に、道具痕跡に着目して工人組織や生産・供給体制について勉強していました。
 最近では、調査を重ねるごとに増えゆく膨大な遺物を、現代社会にどう活かせるのか、各分野の最先端の研究成果を、どうしたら一般の方にもわかりやすく伝えられるか、ということに関心があります。また、幅広い層の方に文化財に親しみをもってもらえるような展示手法やデザインにも興味があります。

研究分野

考古学

主要業績
2013年 「古墳時代後期の埴輪生産・供給体制の実像をめぐって-奈良盆地菅原東窯を素材として-」『和田晴吾先生定年退職記念論集』
2008年 『摂津三島の遺宝』高槻市立しろあと歴史館(分担)
2008年 「ウワナベ古墳系列の埴輪をめぐる諸問題-上人ヶ平5号墳出土埴輪の検討から-」『吾々の考古学 和田晴吾先生還暦記念論集』
2007年 「関西文化学術研究都市木津地区所在遺跡平成17年度調査概要 (2)上人ヶ平5号墳 4.出土遺物」『京都府遺跡調査概報』第124冊 関西文化学術研究都市木津地区所在遺跡平成17年度調査概要』
2005年 「総持寺古墳群をめぐる埴輪生産と供給」『総持寺遺跡 古墳時代中期の小規模古墳群の調査』
自己紹介写真
NoImage.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook