仏教の受容—飛鳥寺・法隆寺若草伽藍—

若草伽藍塔跡の発掘 北西から見る
斑鳩寺(若草伽藍)塔跡の発掘
聖徳太子(厩戸皇子)が斑鳩の地にみずからの宮殿(斑鳩宮)とともに造営したのが法隆寺(斑鳩寺)であった。その伽藍は、今の法隆寺(西院伽藍)の南東、若草の地にあるため、若草伽藍と呼ばれる。現在、地上には巨大な塔の心礎しか残らないが、見つかった瓦は遠く飛鳥寺や四天王寺と同じ木型(瓦笵)で作られたことがわかっている。大使一族の上宮王家と蘇我氏が親密であったことをうかがわせる。