仏教の受容—飛鳥寺・法隆寺若草伽藍—
飛鳥寺の中門と南門の発掘
1956年から奈良文化財研究所が飛鳥寺中枢部の発掘調査を実施し、文献では知ることができなかった多くの事実が判明した。とくに、塔を中心として東・西・北の三方に金堂を配し、中門から発する回廊がこれらを囲む得意な伽藍配置であることがわかった。
この伽藍配置は日本には類例がないが、高句麗の清岩里廃寺(現平壌市)と酷似している。