ブログ

日本の"時間"は飛鳥で始まりました!

今週土曜日、6月10日が何の日かご存知ですか?
そう、「時の記念日」です! 
 
なぜこの日が“時”の記念日に指定されているのでしょうか?
これは日本人が時計を用いて時を正確に計り始めたことに由来しています。
そして実は、時計と飛鳥の地は非常に深い関わりがあるのです! 
 
『日本書紀』には、今から約1300年前の飛鳥時代、天智天皇10年4月25日に漏刻(水時計)を置き、
時を知らせる鐘鼓が鳴らされたとの記述があります。
これを西暦にあてはめると671年6月10日となることから、この日が時の記念日に制定されました。
漏刻とは、壺や水槽から流れ出る水の量を用いて時の経過を測る装置です。
 
実は『日本書紀』に漏刻が登場するのは、これが初めてではありません。
斉明天皇6年5月(660年)、日本で初めて漏刻が造られたときの記述があります。
ここには「皇太子(中大兄皇子、後の天智天皇)がはじめて漏刻を造り、民に時を知らせた」とあります。
ここに記された日本最初の漏刻の遺跡が明日香村にある水落遺跡です。
 
そう、日本で最初に時計(漏刻)が造られたのは飛鳥なのです!
現在は整備されており、本物を見ることができます。
また飛鳥資料館には漏刻の原寸大復元模型や出土品、詳しい解説などが展示されています。
飛鳥資料館から水落遺跡までは徒歩15分です。興味を持たれた方は、ぜひ飛鳥資料館へお越しください!
 
この機会に、1300年前の時の流れに思いをはせてみてはいかがでしょうか?
 
RP1060525a.JPG RP1060529.JPG RP1060566.JPG
 
 

2017年06月08日(木曜日)