ブログ

クイズの正解は...

昨日、6月10日は「時の記念日」でした!

クイズはいかがでしたか?

 

『日本書紀』によると「天智10年4月25日に天智天皇が漏刻(水時計)を置き、

鐘鼓を鳴らして初めて時を知らせた」という記載があります。

天智天皇10年4月25日は、西暦で671年6月10日になるため、

国立天文台により大正9年(1920)に6月10日が「時の記念日」として定められました。

 

斉明天皇6年(660)に中大兄皇子(後の天智天皇)が漏刻を造らせた場所と考えられるのが、

飛鳥資料館の近くにある史跡「飛鳥水落遺跡」です。

奈良文化財研究所の発掘調査に基づいて復元された漏刻の模型や、漏刻の仕組み、

漏刻を支えた強固な建物の構造を飛鳥資料館で紹介しています。

 

この機会に飛鳥の「時」に思いをはせてみてはいかがでしょうか?

 

IMG_6392_R.JPGIMG_6383_R.JPG

2016年06月11日(土曜日)