お知らせ

「飛鳥の考古学2017」始まりました

先週から、冬期企画展「飛鳥の考古学2017」が始まりました。

今回の展示では、2015・2016年度に飛鳥・藤原地域で行われた発掘調査の成果をご紹介しています。

 

主な展示品としては、藤原京右京九条二・三坊(瀬田遺跡)から出土した弥生土器や、

藤原宮の元日朝賀で使用された幢幡(どうばん)の復元模型などがあります。

 

ポスター・チラシに掲載しているウマなどの動物の骨(藤原宮下層の運河から出土)も展示中!ぜひ、実物の迫力をご覧ください。

 

◆「飛鳥の考古学2017」の詳細はこちらhttps://www.nabunken.go.jp/asuka/kikaku/post-33.html 

 

180124_hdsc_0216.jpg  180124_hdsc_0207.jpg  180124_hdsc_0217.jpg

 

 

2018年02月04日(日曜日)