ブログ

準備の真っ最中です!

ただいま、飛鳥資料館では10月6日(金)から始まる秋期特別展「高松塚古墳を掘るー解明された築造方法」の準備が進んでいます。

 

先日、展示品のひとつ「治具(ジグ)」と呼ばれる機具を展示室へ搬入しました。

この治具は、高松塚古墳の石室を解体するときに、石材を持ち上げるため特別に製作されたもので、

重さは数百キロもあります!展示室に運び入れる作業も、大人9人で行いました。

 

ぜひ、会場で本物の迫力を体感してください!

 

「高松塚古墳を掘る―解明された築造方法―」の詳細はこちら

 

P1070090_R.JPG

 

 

 

2017年09月25日(月曜日)