キトラ古墳壁画体験館 四神の館 キトラ古墳壁画保存管理施設

お知らせ

  • 1階展示室 閉室のお知らせ

    壁画の公開準備のため、キトラ古墳壁画体験館 四神の館 1階展示室を下記の期間閉室いたします。
    ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
     
    閉室期間 平成30年1月17日(水)~19日(金)
     
     
    なお、地階展示室は通常通り開室いたします。
  • キトラ古墳壁画の第6回公開 第二次応募の受付開始

    キトラ古墳壁画の第6回公開(1月20日~2月18日)の、第2次応募の受付がはじまりました。

     

    今回は、北壁の壁画(玄武、子・丑・亥)を公開します。

    公開の詳細、お申し込みについては、 こ ち ら をご覧ください。

     

    -四神の館の地階展示室は申し込み不要、無料で見学できます。

    壁画をご覧になる前に観覧していただくと、キトラ古墳と壁画についてより深く知ることができます。

  • 1階展示室 年末年始の閉室のお知らせ

    下記の期間、キトラ古墳壁画体験館 四神の館 1階展示室を閉室いたします。
    ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
     
    閉室期間 平成29年12月29日(金)~平成30年1月3日(水)
  • キトラ古墳壁画の第6回公開 第一次応募の受付開始

    キトラ古墳壁画の第6回公開について、第一次応募の受付がはじまりました。


    公開期間 平成30年1月20日(土)~ 2月18日(日)

    第一次応募申込期間 平成29年12月12日(火)~  12月17日(日)

     

    公開の詳細、お申し込みは  をご覧下さい。

     

    今回は、北壁(玄武、子・丑・亥)の壁画を公開いたします。

    玄武は四神のうち北を守護する神獣で、亀に蛇が巻き付いたユニークな姿をしています。

    そして玄武の下には、頭は獣、体は人の姿をした十二支(子・丑・亥)も描かれています。

    この機会にぜひ、実物の壁画をご鑑賞ください!

     

    ※四神の館の地階展示室は申し込み不要、無料で自由に見学できます。壁画をご覧いただく前に観覧していただくと、より深くキトラ古墳と壁画について知ることができます。

     

    アセット 1.png

     

     

  • 飛鳥のおすすめ展示 - 高松塚古墳を掘る -

    近隣の飛鳥資料館にて、秋期特別展「高松塚古墳を掘る―解明された築造方法―」(2017年10月6日(水)~12月3日(日))が始まりました。
    今回の特別展では、高松塚古墳の解体事業に伴う発掘調査によって明らかになった古墳の築造方法と壁画の保存環境などについて展示しています。
    原寸の石室模型や土層のはぎとりなど、高松塚古墳を体験できる内容になっています。
     
    高松塚古墳とキトラ古墳は比較的近い時期に築造されたと考えられており、古墳の構造や壁画がよく似ていることから“兄弟墳”と呼ばれることもあります。
    四神の館でキトラ古墳について学んだ後は、飛鳥資料館へも足を運んでみてはいかがでしょうか。
     
    展示内容の詳細は こ ち ら をご覧下さい。
    また、飛鳥資料館へのアクセスは飛鳥資料館ホームページでご確認下さい。
     
    2017aupos.jpg

最近の記事

記事一覧へ

月別アーカイブ

ページの先頭へ